ポルノ懺悔録3.0 月刊Cream

前回の繰り返しになるが、僕の通っていた高校は学級文庫という慣わしにより、特定のグループ内で示し合わせたかのように違うエロ雑誌を購入して持ち寄る文化があった。毎月リリースされるさまざまなエロ本を網羅するための互助会が自然に形成されるのである。僕の所属(?)していた互助会は漫画とかロリものを好んで買う連中が多く、素人投稿系の雑誌ばかり収集していたグループと戦利品を見せあってはお互いのことを「ド変態」と罵り合っていた。牧歌的な時代である。

さて、そんな一方僕は自分の性欲と現実の折り合いを付けることに苦慮するようになっていた。性的嗜好は生まれつきのものなのか学習されたものなのか、という問題である。

 

気がつけば僕は漫画ロリコングループに所属しており、そこでコミックドルフィン誌の購入担当であった。この辺りの事情は入り組んでいる。僕はこのグループのメンバーと非常に馬が合い、エロ本の融通以上にただ所属することに居心地の良さを感じていたという側面もあるが、いわゆる縦筋一本で描かれた女性器に酷く執心していたという側面もある。今となっては笑い話以外の何物でもないが、普通にキモい少年である。

結局のところ、身近に女の子が居ない10代という問題は重要で、隔絶された中で僕と仲間たちはイメージの中の「少女」を渇望することになった。一人でも同い年の女友達がいれば、このようなことにはならなかったのだろう。しかし仲間たちはこの問題を楽観視していて「高校出れば彼女くらい出来る」とか「二次元の女の子の方が可愛い」とか「小学生レイプしてー!」とか言って掘り下げて考えるようなことはしなかった。

 

ただ、僕はこの問題を深刻に考えていた。このまま現実を直視しないまま歳を取ればどうなてしまうのかと悩んだ。どうしても同学年の女の子の生態が知りたく、毎月クリーム誌を買っては悶々とする日々が続いた。当時のクリーム誌は謎の位置づけで、ブルセラ雑誌でも無くアイドル雑誌でもないという微妙な編集方針が僕の心を揺さぶった。乳首や陰毛の露出はほとんどない。せいぜいパンチラが良いところだ。垢抜けているんだかどうだか微妙な感じモデルの制服・スク水・ブルマ姿がポエムまじりに紙面を飾るという、思い出すだけでも赤面ものである。

僕の友人は「裸が全然ない。こんなのじゃ抜けないよ!」とクリーム誌を購入する僕をしばしば面罵し無能扱いした。十代の憧憬は、だいたいお互いが別の方向を向いているものである。

僕はクリーム誌のモデルのパンチラを眺めては、その先にある女性器に思いを馳せつつも未来を恐れた。大人になれば女性器なんていくらでも見られるしSEXだって出来ると仲間は言うが、僕は大人にはなりたくなかった

 

…当時一番好きだったモデルは谷口ともみ。大学に行けば、こんな感じの彼女ができるかなと夢想したが、現実にはこれほど器量の良い女の子はなかなかお目にかかれるものでは無い。僕はそんなことも知らず、そんなことを想像無いほどアホだったということだ。

f:id:nikaidougaikich:20170719215646j:plain

ポルノの思い出② 桜内彩華 乙女の純真

この文章を書くことに、とても抵抗感がある。心の奥底に蓋をしていた記憶を掘り返さなければならないからである。自分が大人になるために受け入れてしまったこと。拒めるのであれば、何としてでも拒むべきだったこと。そんな思い出。95年位の話である。

僕が中学時代に過ごしたS県某市は80年代にベットタウンとして整備された市であり、昔からの地主と工業団地の労働者と地方から来たホワイトカラーの立身出世組の世帯が混在する、ドストエフスキー的な世界であった。恐らく、昭和にありがちな光景なのだろうが、これら文化的に違いすぎる世帯の子供たちが、同じ公立学校で義務教育を学ぶ。そんなカオスな状況の中僕は少年時代を過ごした。

僕はホワイトカラーの世帯の子供だったから、ご多分に漏れずいじめの標的になりやすかった。大概の場合、工業団地の労働者の子供たちは結束力が高く家族ぐるみで団結している一方で、ホワイトカラーの世帯はそれぞれの企業に縛られるように地域やら学校教育にはあまり興味が無く、ただ子供は雑食でたくましく育って欲しいと考える。そんなホワイトカラーのスカした考えが工業団地の労働者の不興を買うのだ。(余談だが、今思い返すと地主の子供たちは腐るほど玩具を持っていて、いささか頭が弱いという印象だけしかない。)

僕の生存戦略は、勉強すること。学力があれば同級生には一目置かれることもあるし、陰湿な共同体から出ていくことも可能なのだ。

…と、前置きが長くなってしまった。この記事ではどんなエロ本を買ったか、ということが重要である。

 

 第二章:泣きながら抜くということ

f:id:nikaidougaikich:20170717202029j:plain

ドーン!

 

お前ロリコンかよ!と笑ってはいけない。今となってはこの手の本は児童ポルノなので購入どころか所持すら出来ない。しかし、当時は普通に本屋で買えたのである。(※児ポ法の関係で、実際に購入したものとは違う画像を掲載する。)

当時15歳だった僕は、同級生のNが好きだった。しかし、Nは工業団地の労働者の娘だったから、精神的にも文化的に釣り合う仲にはならなかったのだろう。当時の僕はそう考えた。彼女は風変わりな女の子で、小学6年生になってからピアノを始めたり、思春期を迎えると文化的な生業に手を染めたがっていた。愚かな僕は自分が文化的な存在だと考えたから、彼女を散々からかって楽しんだ。(男の子というものはそういうものだ。

中学卒業を迎えて僕は進学校へ進路を決め、Nは変哲もない高校へと進学を決めた。不幸にも、当時のS県の進学校は男子校しかなかった。今生の別れである。…今からすると大げさな感じはする。しかし、当時は携帯電話も無ければEメールも無い。進学するということは、成長するための別れであり受け入れなければならないものだ。何はともあれ、そういう時代だったのだ。

僕が後悔しているのは、中学卒業のときNが遊園地に行こうと誘ってくれたのを断ったこと。僕は乱暴なだけの地元の共同体から出ることをずっと渇望していたから、最後に思い出を作ろうとか、そういう考えは一切無かったのだ。

 

…時は流れて、高校進学してから数ヶ月後。僕はすっかりホームシック(?)になってしまい、成績を大きく下げてしまった。燃え尽き症候群というやつである。悲しいことに、僕のように前近代的な地元から出ていくことを目標として高校に来たような連中は少なく、多くの同級生は中学時代の連帯を保ちながら新しい目標へと邁進していた。

僕はNに会いたくて仕方なかったが、もう戻ることはできないこともよく分かっていた。

あるとき、僕はNの面影のある少女の写真集を書店で見つけた。悪名高い力武誠氏によるさーくる社の写真集である。ナポレオン文庫を買うことにすっかり慣れていたので、エロ本の類を買うことにはすっかり慣れたものだったが、さすがに躊躇いを覚えた。しかし、それも時間の問題だった。これが、リアル女性の裸を求めたきっかけである。僕は元同級生のNの息づかいを求めた。やはりエロスは孤独感と密接な関係があるのだ。

僕は暫くの間、Nに面影のある少女の裸で自らを慰めた。しかし、そんな時間は思いの外長く続かなかった。男子校に進学し、体育会系(陸上部)に所属していたことが幸い(?)したのか、学級文庫と称してエロ本が毎週数冊レンタルで回ってくることになったからである。

結局のところ、こうした悲しい思いを引きずった十代の少年は僕だけで無かったのである。悲しみを越えるために、僕と僕の仲間は心の友と認め合い、僕はコミックドルフィン購入担当となり、仲間に貢献することを誓ったのである。

(続く?)

 

追記:思い出深いこの本は、大学進学とともに破棄した。愚かにも大学に進学すれば容姿も性格も良く、自分と世界観を共有してくれる女性が無条件に現れると盲信したのである。

ポルノの思い出① スカイ・ウェブを突破せよ!

唐突であるが、HDDに15年分のエロファイル云百GB分が蓄積されていることに気づき、これからの人生に必要だと思えなかったので、整理を行った。そんな話。

 第一章:そもそもの始まりは?

エロスと孤独感には何らかの相関関係があるのではないか、と思っている。僕が性にのめり込むときはだいたい強い孤独感を抱いているときで、大人になるにつれて孤独感は募っていき、その都度エロファイルは増えていった。

始まりは、フランス書院ナポレオン文庫からだった。今でもあまり変わらない状況だとは思うが、ライトノベルに隣接したところにエロ小説が置いてあるものだった。そして僕は誰から命じられることもなく、少しずつナポレオン文庫を買っていった。当時の心境を思い出すことは出来ないが、禁止されていることを侵犯していくことが大人への通過儀礼だったのだろう。それにしても、十代特有の性衝動、あれは一体何なんだろうか。

僕の生家は割りと厳格で、当時中学生だった僕は漫画の単行本を買うことを禁止されていた(友達付き合いのためにジャンプとかの漫画雑誌は許可されていた)が、書籍はどんなものでも買って良いとされた。ライトノベルでもエロ小説でも、アングラ系の雑誌でも何故か容認されたのである。そんなこともあり、中学時代の僕の性衝動はエロ小説への収集へと向かっていったのである。

この当時は、リアル女性の裸にはあまり関心が無いというか、自分が本当に性交渉をする存在になるという実感は殆ど無かった。本当に子供だったのである。

f:id:nikaidougaikich:20170717185143j:plain

特に思い入れがあるという訳ではないか、たまたま覚えていた作品。宇宙軍の新米少尉がコールドスリープから目覚めた伝説の軍人に陵辱されながらも異星人から地球を救うという内容だったはず。この作品が僕の人格形成に関与していたら、と思うと辛い気持ちになるので、フロイト的解釈はここでは行わない。

今もそうだが、SF風味のポルノは王道作品なのだろう。

当時なぜこの本を買ったかはよく覚えてないが、単にエロい小説が読みたいという気持ちだけではなかったような気がする。一回り上の世代が体験しているLD(レーザーディスク)媒体の作品もこういう作風が多かったこともあり、自分なりに新しい知識を求めようと必死だったのだ。ちなみに、僕はパソコン通信を実体験した世代でなく、もっぱら書店で情報を拾ったクチだ。

ライトノベルを中心として読みながらも、背伸びして世界文学全集にあるような大作を読みつつエロ本も収集する。そういうクソガキ少年だったのである。

 

…唐突に思い出したが、この本はまんがの森で購入した。

 続く?

インターミッション

仕事と趣味の両立などと言うのは夢物語だ。趣味どころか、我が国では家庭や健康を犠牲にして糊口を凌ぐ人も多いわけで、生きていくためには腹の脂肪なんか気にしてられないのかもしれない。

ご多分に漏れず、それほどホワイトな環境で働いている訳でも無し。社会的責任荷負わなければならないので、近日労基署の立入り検査があるのをを良いことに、管理職への嫌がらせとして結構な残業モード。

こうなってくると、SIXPADは買って良かったと思う。帰宅してからちょっとした隙間時間に使うことが出来るので、効果はともかく身体をケアしようとする気持ちは維持できる。

悪あがきとして、職場から2時間かけて歩いて帰宅することで運動したつもりになっておく。公共交通機関を使って移動すれば1時間20分かかるので、プラス40分でそこそこの運動が出来ると考えれば御の字ではある。しかし、そこまでストイックにやると何か頭おかしくなりそうになるので、適宜ビール飲んだりする。現実との折り合いは常に悩みどころである。

全国の松屋に販売拡大!「ライスを湯豆腐に変更可能なサービス」のご提案!|松屋フーズ

ちょっと気になるニュース。松屋でライスの代わりに湯豆腐を付けるという謎のサービスが始まったが、これはダイエット厨歓喜の出来事かもしれない。代謝を上げたいので肉は食べたいが、炭水化物は抜きたいというニーズに合っているような気がしないでもない。問題は味と値段なんだけどね。僕のTLでは松屋の牛丼はクソマズとかディスられているのだが、松屋はそんなにダメなのか?僕は高校時代の牛丼屋は松屋が最寄りだったので、機会があれば部活の仲間と松屋に狂喜しながら食べに行ったものだが…

策は無くとも目標はある

一週間ぶりに計測して、体重は65.6kg。前回計測が60kgちょうどくらいだったので、約0.5kg減。先週までは1周間で1kg程度減量できたのだが、そろそろ停滞期に突入なのだろう。

とりあえず今週は脂肪燃焼スープダイエットを試みることにしているので、特に方針を変えることなく淡々と継続すれば良いと考える。ただし、筋力量と基礎代謝の低下に懸念があるので、有酸素運動は少なめにしても筋トレはやっとかなきゃいけないのかなあ、という迷いが生じる。

そんな訳で、今日のGYMでは有酸素運動60分と筋トレ20分という微妙なバランスで身体を動かしてみた。筋トレ、苦手なんだよなあ。

何か良いヒントは無いかと、部屋の押し入れを漁っていたら去年8月ごろの身体データが出てきて、このときは体重が63.6kgだったことが判明する。あれこれ悩んでも仕方ない。現存する記録を更新して、達成感を味わうのが大事だと思い至る。何をやっても良いが、5月末に63.6kg以下になるぞ、と固く誓うのであった。(続く?)

脂肪燃焼スープ始めました

今日は20時まで残業してツケを払い、その後スーパーで野菜を買って帰宅する。昨日宣言したとおり、脂肪燃焼スープによるダイエットを試みるためである。そもそも料理というほどのことをやらないので、スープをこさえることが困難のように思えたが、たかだか5つの野菜を切って20分煮るだけで2日分の量が作れるのである。楽チンチン

一応保険として、鶏肉とキムチ・豆腐・納豆といういつものラインナップも買っておく。三日後にはもう嫌になって投げ出してしまっているかもしれないからだ。

今週一週間脂肪燃焼スープを試してみる間は、特に運動はしなくて良いものとする。もちろん身体を動かすことに越したことは無いのだが、単純にスープ効果だけでどれくらい結果が出るのかを知るのも悪くないと思うのだ。

現実的な話をしてしまえば、決算の後始末などで今週は残業をした方が良い状況であるということもあるのだが、GWは暇を持て余した割に対して結果を出せなかった反省もある。

いろいろと不安は残るのだが、新しいことに挑戦しているんだと考えると、ちょっとだけ楽しい。

GW日記

GWもあっという間に終わってしまった。GWは集中的にトレーニングしようと思って迎えたのだが、結果から言えばそれほど量や質を高められた訳でもない。人間は不思議なもので忙しいときの方が生産性が向上するものだ。時間があればあるほど試してみたくなることが増えてしまい、なかなか集中できないものである。しかし、GW中の試行錯誤は即時性は無いものの、長期的に見れば効果が出るのではという手応えがあったりする。もそも何か努力をしようと思ってGWを過ごしてことはここ10年無かったわけだから、そう卑下することは無いのだ。中身がガキのまま身体が中年になったってことだ。死にたい。

最終日となった7日は前日に朝まで飲んでいたということもあり、今ひとつ調子が悪かったので思い切って完全休養日として、終日ダラダラ過ごすことにする。元ロッテの里崎捕手が「悪いイメージを払拭するために不調のときは最低限の練習だけをやって、むしろメンタル面の調整を重視する」というようなことを言っていたことを実践してみた。恐らくこの考え方は正しくて、明日から仕事が再開することも考えればなおさら、長期的に取り組むべきテーマはコンスタントにトレーニングに向き合えるように気持ちを整えたほうが良いに違いない。

さて、肝心のGWの減量報告。GYMでの測定をし忘れたので不明なのだが、66kg台のまま変わっていないと思われ。GWの間痛感したのだが、ハードトレすればするほど食欲と性欲に跳ね返ってくるので、食事そのものを見直さないと減量できないのである。人間の身体は不思議なもので、ハードトレをすれば見た目は引き締まってくるのだが、体重計の数値はかえって増えるようなことが起こりうるのである。2時間以上有酸素運動しても体重が減らないってなると、結構辛い。

さらに辛いのが、当然のことながら連休も終わって仕事モードになるとトレーニングに割ける時間も逓減するので、来週から食事制限のハードルを上げることにする。今回挑戦しようとするのは、上記の本のレシピである。一応、事前に練習で糖質制限ダイエットを1ヶ月あまり実施して日常生活に支障がないことは自らの肉体で試している。主に豆腐とキムチと納豆と蕎麦を中心にしていたメニューから野菜中心のスープに変更することの不安は残るのだが、まずは一週間だけ我慢すれば良いらしい。

俺達の戦いはこれからだ!