GW日記

GWもあっという間に終わってしまった。GWは集中的にトレーニングしようと思って迎えたのだが、結果から言えばそれほど量や質を高められた訳でもない。人間は不思議なもので忙しいときの方が生産性が向上するものだ。時間があればあるほど試してみたくなることが増えてしまい、なかなか集中できないものである。しかし、GW中の試行錯誤は即時性は無いものの、長期的に見れば効果が出るのではという手応えがあったりする。もそも何か努力をしようと思ってGWを過ごしてことはここ10年無かったわけだから、そう卑下することは無いのだ。中身がガキのまま身体が中年になったってことだ。死にたい。

最終日となった7日は前日に朝まで飲んでいたということもあり、今ひとつ調子が悪かったので思い切って完全休養日として、終日ダラダラ過ごすことにする。元ロッテの里崎捕手が「悪いイメージを払拭するために不調のときは最低限の練習だけをやって、むしろメンタル面の調整を重視する」というようなことを言っていたことを実践してみた。恐らくこの考え方は正しくて、明日から仕事が再開することも考えればなおさら、長期的に取り組むべきテーマはコンスタントにトレーニングに向き合えるように気持ちを整えたほうが良いに違いない。

さて、肝心のGWの減量報告。GYMでの測定をし忘れたので不明なのだが、66kg台のまま変わっていないと思われ。GWの間痛感したのだが、ハードトレすればするほど食欲と性欲に跳ね返ってくるので、食事そのものを見直さないと減量できないのである。人間の身体は不思議なもので、ハードトレをすれば見た目は引き締まってくるのだが、体重計の数値はかえって増えるようなことが起こりうるのである。2時間以上有酸素運動しても体重が減らないってなると、結構辛い。

さらに辛いのが、当然のことながら連休も終わって仕事モードになるとトレーニングに割ける時間も逓減するので、来週から食事制限のハードルを上げることにする。今回挑戦しようとするのは、上記の本のレシピである。一応、事前に練習で糖質制限ダイエットを1ヶ月あまり実施して日常生活に支障がないことは自らの肉体で試している。主に豆腐とキムチと納豆と蕎麦を中心にしていたメニューから野菜中心のスープに変更することの不安は残るのだが、まずは一週間だけ我慢すれば良いらしい。

俺達の戦いはこれからだ!